どうも猛暑のみぎり寝苦しい夜が始まりましたね~
この時期は体調管理に気を付けて下さい。
タケちゃんもこの世で一番嫌いな生物・・・・蚊がでてきました( `ー´)ノ


まあそれはさておき・・・・ 日差しが痛い季節の到来ですね。


あなたの愛車はいかがでしょうか?屋外にある車のボディーは毎日強い紫外線を浴びています。直射日光にさらされることで、色あせや色落ちの原因となり、表面の光沢が失われるだけでなく、汚れや傷がつきやすくなってしまいます。車の外装は環境の変化を受けやすいので気温が高く、太陽の熱が強い夏は大敵。例えばボディに付いたちょっとした水滴はすぐに蒸発しますが、水といっても純粋な水だけでなく、水道水には塩素が入っていますし、雨は排気ガスなど大気中の汚染物質がたくさん含まれているので、水が蒸発した後、不純物がボディに付着してしまいます。


そこであなたの大切な愛車を守るお手伝いが出来るのが「建築マニア」です(^^♪
ガレージハウスはシャッターを設けるため、真夏の炎天下の時期でも車が焼けつくことがないので、乗る時でも熱くないのがメリットの1つですね。さらに車が雨風に晒されることがないので汚れ具合も少ないですし、大切な車を雨や風から守ることもできます。
1530618347102
その他メリットは、車への乗り降りに関する動作がとにかく楽で便利になることだと思います。特に雨や雪の降る場合はガレージハウスのメリットが顕著に現れることでしょう。雨が降っていても雪が降っていても濡れずに車と家の間を行き来できるのは予想以上に便利なことなのです。荷物を持っている時などは尚更ですよね。車が雨風に晒されることがないので汚れ具合も少ないですし、イタズラなどの防犯面でもメリットは大きいと思います。
BlogPaint

将来を予想してインナーガレージの天井の高さを設定しておかないと背の高いハイルーフ系の車が入らないなんてことも有り得ますね。そこは「建築マニア」の専門のノウハウがありますので問題はありません!

test (157)
車やバイクなどの機械いじりが大好きな人は非常にガレージハウスがお勧めです。ガレージハウスは最近よく雑誌なんかでも出てきますし、家を建てる上でいろんな意味で多くの男性にとって憧れの要素のひとつなのでしょう。
test (154)
よくある利用方法としては自分の趣味等を楽しむための空間として利用です。
例えば車やバイクを建物の中に入れることで車やバイクをインテリアの一部として、いつでも眺めることが出来るようにしたり、車やバイクをいじるスペースや、作業場として利用する目的で設置されます。
家づくりは多くのひとにとって一生に一度の高い買い物。だからこそ、施主様達の夢を叶えるお手伝いをしていきたいです。「建築マニア」は、そんな要望にお答えすべく日々精進しています。
1530618339512
そんなあなたの夢を叶えるお手伝いをしていきます!
まずはお気軽に相談下さい。専門のスタッフがお手伝いします。